名取市の物件を売却する予定です。不動産売却で最も大切な事柄は?

8月 29th, 2016

不動産売却で大切にするポイントという質問は良くありますが、間違っても高く売って儲けようとかトクをしようと考えないことです。

家族の節目を大切にしましょう。

■相手はプロ、高い買い物はするはずがない。

不動産売却は一種の取引ですから、できれば交渉をうまくまとめて、売り手が笑顔になるような結果を得たいと願うものです。

しかし実際には名取市でも名取市でなくても、それほど満足のいく結果にはならないのが不動産売却というものです。

売り手は坪単価や地価を少しでも高く見積もろうと苦心し、買い手は少しでも安くと考えています。

取引の上では買い手のほうがプロで連戦練磨。

高い買い物をしてくれるはずがありません。

大事なことは“高く売ってトクをしよう”と考えるのではなく、家族のためのタイミングを第一に考えることです。

■不動産売却の思い出は家族の笑顔とともに。

不動産売却は引き渡しまでの流れの中にも、さまざまなドラマがあります。

「これでは損だ」と思うこともあるでしょうが、「結果、これがいちばん良かった」と気持ちが落ち着くこともあります。

振り返ってみると、結局は家族の誰かの節目、そのターニングポイントの役に立ったり、仲介会社担当者と一緒に喜びあったりということが、とても良い思い出となって残っています。

周辺の地価が上がったり下がったりということにあまり戦々恐々とせず、むしろ将来の夢を楽しみにしながら不動産売却を計画していくべきです。

■売却しようと思い立ったときに売り、新しいステージに向かうこと。

転売が事実上の禁止になって、不動産売却で大きな利益を出すことはできません。

この名取市を含めた東北地方は、震災・災害から年数を経て、ようやく活気を取り戻してきました。

土地や建物の評価はいろいろありますが、売却しようと思い立ったときに売り、家族と新しいステージに向かうことがもっとも大切ではないでしょうか。

不動産売却して大きな利ザヤを稼ぐようなことは、どうせできないような法律になっています。

名取市の戸建てを不動産売却したい。100坪の価格はどれくらい?

8月 5th, 2016

名取市のみどり台は、名取市全体から見て地価の上昇傾向の中にあります。

どのような不動産売却価格で、どんな交渉が可能になるのか推測してみましょう。

■家屋分をゼロで考えても1620万円で交渉可能。

名取市の地価は直近のデータでは上昇傾向にあり、みどり台をその一角というように捉えれば、若干でも不動産売却価格はプラスになるはずです。

ちなみに平成27年は前年比で約2.6%上昇し、地価の平均は、約4万9000円(平方m)となっています。

坪単価では約16万2000円です。

手持ちの不動産売却物件が100坪建ぺい率60%ですので、建物の価値をゼロにして計算しても1620万円となります。

これに家屋分の価値(築15年)を400万円と踏んで加算すると総額で2000万円を超える額になるのではないかと思われます。

■“土地が100坪ある宅地”は名取市でも希少。

名取市みどり台の住宅地の容積率は60%とされていますが、土地面積が100坪ある住宅地というのは名取市の中でも限られており、不動産流通の会社がこれをうまく買い取って活用すれば、マンションの建設用地にも転用できます。

活用範囲の広い物件としての価値がありますから、不動産売却後の販売価格は通常の相場より高くなり利幅も大きくなります。

不動産売却時は、その点を見越して強気の交渉にも出られます。

■100坪の魅力をアピール。

不動産仲介や流通業者選びは、仙台全域、あるいは南仙台店といったエリアを絞り込んだ選択も可能です。

強気の交渉でもそれなりの成果は得られます。

不動産売却では、土地が70坪なのと100坪なのとでは、価値がまったく異なります。

建売住宅では70坪では2棟しか建たない、しかし100坪あれば3棟建てられてコストが安く済み、マンション建設というプランも可能になるからです。

その分の価値を上乗せしてもらいましょう。