名取市の戸建てを不動産売却したい。100坪の価格はどれくらい?

8月 5th, 2016

名取市のみどり台は、名取市全体から見て地価の上昇傾向の中にあります。

どのような不動産売却価格で、どんな交渉が可能になるのか推測してみましょう。

■家屋分をゼロで考えても1620万円で交渉可能。

名取市の地価は直近のデータでは上昇傾向にあり、みどり台をその一角というように捉えれば、若干でも不動産売却価格はプラスになるはずです。

ちなみに平成27年は前年比で約2.6%上昇し、地価の平均は、約4万9000円(平方m)となっています。

坪単価では約16万2000円です。

手持ちの不動産売却物件が100坪建ぺい率60%ですので、建物の価値をゼロにして計算しても1620万円となります。

これに家屋分の価値(築15年)を400万円と踏んで加算すると総額で2000万円を超える額になるのではないかと思われます。

■“土地が100坪ある宅地”は名取市でも希少。

名取市みどり台の住宅地の容積率は60%とされていますが、土地面積が100坪ある住宅地というのは名取市の中でも限られており、不動産流通の会社がこれをうまく買い取って活用すれば、マンションの建設用地にも転用できます。

活用範囲の広い物件としての価値がありますから、不動産売却後の販売価格は通常の相場より高くなり利幅も大きくなります。

不動産売却時は、その点を見越して強気の交渉にも出られます。

■100坪の魅力をアピール。

不動産仲介や流通業者選びは、仙台全域、あるいは南仙台店といったエリアを絞り込んだ選択も可能です。

強気の交渉でもそれなりの成果は得られます。

不動産売却では、土地が70坪なのと100坪なのとでは、価値がまったく異なります。

建売住宅では70坪では2棟しか建たない、しかし100坪あれば3棟建てられてコストが安く済み、マンション建設というプランも可能になるからです。

その分の価値を上乗せしてもらいましょう。